障害内容で最適な業種が変わる

障害内容で変わる業種のポイント

障害内容で最適な業種が変わる

自分にはどんな仕事があっているのでしょうか?
不向きな仕事を我慢しながら続けるよりも、適職に早く出会いたいものですよね。
不向きな仕事を続けていれば自分も辛いですし、周りから注意されたり出世することも難しくなってきますから、自分に自信を持つことが出来なくなってきてしまいます。
そうなってしまう前に、明るい将来のために適職を探しましょう。
障害内容によって、適職様々なものになりますから、自分で悩むだけでなくてアドバイザーの相談も受けたりしながら、適職探しをすることをおすすめします。
東京、名古屋、大阪などの障がい者・障害者・身体障害者の転職・求人・雇用支援
例えば、注意欠陥/多動性障害(ADHD)を持っている人のお話しをして見ましょう。
注意欠陥/多動性障害(ADHD)は、正確な作業や淡々とミスなく仕事をしていくような事には向いていません。
そのため、事務職や医療関係の仕事、流れ作業で同じ仕事を淡々とこなす製品検査などは、正確な作業が求められますし、ミスが許される業種ではありませんので、不向きだといえるでしょう。
一方で、注意欠陥/多動性障害(ADHD)の人は、行動力に優れ、情報に敏感でひらめきがあると言われています。
その為、音楽家や芸術家など何かを作り出す仕事に向いていると言われています。
起業家、やプロデューサーなども向いているかもしれません。
今まで触れたこともない業種のお仕事かもしれませんが、不向きな仕事をずっと続けるよりも、思い切って新しい世界を経験したほうが、適職に出会えるかもしれません。

下肢障害をお持ちの方であれば、入力する作業に速さを求めたれたりするものは不向きかもしれません。
しかし、入力する作業がすべてだめというのではなくて、企業側も求めている速さがありますから、その求める速さをクリアしていればよいわけです。
企業やアドバイザーに相談してみて、どこまでが自分の仕事が出来る範囲なのかを伝えて、適職の可能性の幅は出来るだけ広げておきましょう。
自分ではやりたいけれど、だめではないかと思い込まずに、まずは相談してみて自分の適職探しをより多くの職業から選べるようにしたいですね。