聴覚障害の場合にチェックしたいポイント

障害内容で変わる業種のポイント

聴覚障害の場合にチェックしたいポイント

聴覚障害を持っている人が、就職活動にチェックしたいポイントはどんなことでしょうか?
それぞれによっても細かい部分が違ってきますから、転職サイトや会社のアドバイザーと共に、相談して適職探しをしていきましょう。

まずは、現在はインターネットなどの通信機器の発達により、電話を使わなくても仕事ができる環境が整ってきています。
電話対応の仕事の有無などのチェックは必要ですよね。
また、それに代わるものが何かも調べておく必要があるでしょう。
また、聴覚障害をお持ちの方ですと、パソコンスキルがある方が採用に有利であるといわれています。
企業がどれくらいのパソコンスキルを求めているのか、またスピードはどのくらいを理想としているのかも調べておきましょう。
具体的に、どれくらいの時間で何文字程度打てるなど、数字をあげておくこともよいでしょう。
万が一、自分がそのレベルに達していない場合は、就職前にレベルアップを図ることもできますので、自分の働きたい企業で働けるようにチェックすることが大切です。
パソコンスクールなどでの講座を受けることで、就職活動しながらでも、早い期間でスキルアップも可能ですので、自分が入りたい所へ行くためにはがんばってみましょう。

また、会社内での打ち合わせなどをメールや筆談が可能な環境かどうかもチェックが必要です。
企業自体で、手話講習などを開いて、積極的に聴覚障害をお持ちの方の雇用を進めるところもあります。
そのような企業ですと、比較的職場環境がよく、障害に対する理解がある場合が多いです。
その為、人間関係もよい事が多いですから、企業の取り組みにも注意してみましょう。
また、企業側が障害の内容を全て理解してくれるわけではありません。
こちらから、できる事できない事をしっかり伝えて、意思疎通をしておくことで、採用されたときに、自分が辛くならないようにしなくてはなりません。
自分の能力を発揮できるようにいい環境で働きたいものですよね。