内部障害の場合にチェックしたいポイント

障害内容で変わる業種のポイント

内部障害の場合にチェックしたいポイント

内部障害を持っている人が、就職活動にチェックしたいポイントはどんなことでしょうか?
それぞれによっても細かい部分が違ってきますから、転職サイトや会社のアドバイザーと共に、相談して適職探しをしていきましょう。
障害別にみますと、就業率はもっとも高いのが内部障害者の方で、次が視覚障害者の方が多いと言われています。
内部障害の方の就業状況をみてみると、他の障害内容の方よりも様々な業種に就いていることから、どんな業種でも働けるというのが高い就業率につながっているようです。
一般的な事務職の人から、自営業、販売や農林水産業にいたるまで、幅広い分野で活躍されています。

内部障害は外から見えないので、会社になかなか伝わりにくい事がよくあります。
その為、通院の為の日程調整などが可能かどうかというのは、入社前にきちんとチェックしておきましょう。
定期的な治療や通院が必要になる方が多いですので、自分の体調管理維持と仕事のバランスのとり方をあらかじめ転職会社の担当者や企業側に伝えておくのが、スムーズな適職探しになるのではないでしょうか。
入社前にきちんと伝えておかないと、周りからの理解もなかなか得られませんし、人間関係をうまくやっていくためには、入社前にあらかじめ通院のスケジュールや体調の具合などを伝えておく必要があるでしょう。
以前の採用で、どのような障害内容の人が採用になり、その人がどのように勤務していたのかも、障害内容が違ったとしても、通院などの日程調節などの面では参考になりますから、チェックしておくことをおすすめします。

また、通院などにより、転勤が難しい方も多いのではないでしょうか。
会社によっては、全国に支店を置いていますから、転勤について要望を聞いてくれるのかどうかもチェックしたいところです。
ここは、転職会社も企業について調べていますし、過去に採用になった人などの情報も多く持っていますから、仕事探しの段階で聞いておいたほうが、自分の適職探しの近道になるでしょう。