車いすの場合にチェックしたいポイント

障害内容で変わる業種のポイント

車いすの場合にチェックしたいポイント

車いすの場合では、チェックしたいポイントはどんなことでしょうか。
業種としては、事務職などのオフィス内でのお仕事が多いと思います。
オフィス内での勤務でもチェックしたいポイントはいくつかあります。
もちろん、会社内のスロープや車いす用のトイレの有無なども確認したいですし、通勤スタイルにも目を向けなくてはなりません。
自動車での通勤が可能であれば、駐車場の料金、駐車場は会社に併設か、自分で月極をかりるのか、交通費は支給されるのかなど、細かな部分まで知る必要があります。
また、公共の交通機関を利用するのであれば、自宅から会社までの移動の際の施設に、スロープやエレベーターがあって、スムーズに移動できるかどうかというのも確認したいところです。
地図やネットには載っていない部分で小さな段差などがあるかも知れませんので、自分が働きたい会社が決まってから、自宅から会社までの通勤スタイルを実際に実行してもよいかもしれません。

古いテナントビルなどは、まだ段差があったりしますが、会社によってはサポートしてもらうことも可能になっていますので、あきらめずに企業に聞いてみるとよいでしょう。
また、車いすでは、エレベーターはもちろんのこと、通路にもある程度のスペースが必要となってきます。
狭いオフィスに、多くの什器などを置いている企業も多いですから、車イスが使用できるかどうかもチェックしたいところです。

さらに、一日中車イスに乗っていると、体を休めたくなるときもありますよね。
その場合、簡易ベッドなどを利用して休むことが可能かどうかも確認してみましょう。
企業側に理解があれば、場所を提供してくれたりもしますから、自分が仕事を快適に長く続けていけるように、聞いてみてもよいのではないでしょうか。

また、見落としがちなのが、オフィスに入る前のセキュリティです。
最近では、多くの会社がオフィスに入る前に、入館証やセキュリティーカードをかざしてチェックを受けます。
かざす機械(センサーのようなもの)が届かない位置にある時もあります。
届かないときには、サポートを受けられるのかどうかもチェックが必要ですので、実際に一日の勤務スタイルを聞いてみて、自分に当てはめながら、サポートが必要な部分がないか考えておきましょう。